2017年5月11日木曜日

育苗センター


 お伝えしたい事は沢山あるのですが、なかなかブログを更新出来ないままになっております。
 今回は少しさかのぼって、北竜町のお隣、雨竜町の道の駅(田園の里うりゅう)の隣にある。農協の育苗施設を見学させていただいた時のことをお伝えします。


  手前の施設が作業棟。奥に見える2つのハウスのうち、手前が育苗棟②、奥が育苗棟①。
 逆に道路側から見ると、育苗棟①、育苗棟②の順番に並んでいて、一番奥に作業棟が見える形になりす。


 作業棟の中にある発芽室の中は、湿度が高く、写真に写りづらいので、結構必死に何枚も撮らせてもらいました。この他に、種入れ機や、肥料を混ぜる機械など、作業棟には様々な物があります。


 あまり良い写真がなくて申し訳ないですが、こちらの写真の方が作業棟の雰囲気は伝わると思います。こちらの種入れ機は、お米用に似ているけれどスイカやメロンなど、様々な物に使えるらしいです。


 2棟ある育苗棟は、それぞれ真ん中にある通路を隔てて左右にわかれており、高温室、中温室、低温室と、温度ごとに分かれています。さらに同じ室内の中でも、下に電熱線や毛布を用意する場合もあり、作物ごとに対応が異なります。

 事前に、農家の方々から様々な話を伺った事が、今回の見学に繋がったのですが、施設の方の話では、特に特別な事をしているという感覚はなくて、一般農家で行う場合と比較して、向き不向きがあるので、それにあわせて行っているとのことでした。

 たとえば、一般家庭に比べてハウスが大きいので、温度調整に時間がかかったり、苗をポットから外しやすくする為に、あえて地面から離したベンチの上で育苗している等の違いがあるそうです。


 一般の水道は、少しアルカリ性になるため、一般の水道とは別に、硫酸を少し混ぜた弱酸性の水を用意してるとのことです。


 北竜町の農家さんの間では、育苗だけをお願いするのが主流になっていると伺っていますが、雨竜町では、接木までお願いするのが一般的で、接木の仕事も増えてきているそうです。
 施設の建設当初とは大きく違ってきていて、取り扱う作物の種類も増え、様々な要望に対応してきているということです。

 最後に、季節によって仕事も大きく異なるので、また来てくれると良いよと案内していただきました。お仕事中にいろいろなお話を聞かせていただいて、本当にありがとうございました。

2017年5月1日月曜日

発芽


 札幌では桜が咲いたようで、多くの人が桜の周りで撮影を楽しんでおりました。
 みずほファーマーズでは二週間あまり続いた種まきの作業が終了し、23棟のハウスに並べ終りました。お手伝いに来ていただいていた方々も、次の出番まではしばらく間が空くとのことです。


 写真は、まだ小さめですが、最初に種まきした育苗ポットの苗は、もうかなり大きくなっています。作業終了後に、パオパオと呼ばれる白い不織布をめくって撮影したところですが、日中は日に当てる為にめくっています。

 先日参加させていただいた、北育ち元気塾の研修会でパオパオをかけた話をすると、講師の方は「いいね。」と言って下さったのですが、他の参加者には、伝わっていない感じだったので、ひょっとしたら、使っていないところも結構あるのだろうか?


 こちらは、パオパオをかける前のシルバーがかかった様子です。おそらくこちらは、ほとんどの農家さんが使っているものと思われます。
 ここまでの過程の中でも、機械を使うところと使わないところなど、農家によってかなりの差があるみたいです。


 話を発芽した苗に戻します。発芽した苗は、めっちゃ可愛いです!
 まだまだお手伝い程度にしか係われていないと思うのですが、それでも、ただ苗を見学させてもらったのとはまったく感覚が違います。
 成長を見守るというのは、何か特別な感情が湧くのだと思います。その分、心配事や不安も付いて来るのでしょうが、そういう所が、農業の魅力ではないかと感じました。
 私の場合は、食への関心から農業に興味があったのですが、情が移ってしまうとたまらんやろうねと思います。


 ここまでの過程も、まだまだ勉強が足りないように思いますが、作業は次のステップに進みます。

2017年4月18日火曜日

種まき


 先週の雪には驚かされましたが、一日も長くなり、すっかり暖かくなってきたので、もう防寒着は必要ないのではないでしょうか?それでも桜が咲くのはもう少し先ですね。


 余談ですが、北竜町のふきのとうの数はすごいですね!田んぼの周りはもちろん、私の住んでいる単身住宅の周りにも生えてました。鳥の数もすごいです!
 私は、まだ北海道生活2年目ですが、桜が咲く頃には初夏を感じそうな勢いです。


 先週は、浸種した種を乾かすところまで紹介しましたが、今週は、乾いた種を機械を使ってポッ
ト苗箱に入れるところから紹介します。機械を使って、泥 → 種 → 泥 の順で入れて、パレットの上に並べます。

実は、このあたりのところはポータルサイトの取材で、詳細に紹介されています。

そして、JAのブログでも紹介していただきました。

みずほファーマーズを紹介していただき、ありがとうございましたm(__)m

という訳で、私の方では、素人目線の補足説明的なところを紹介しておこうと思います。


 種は、けっこう多めに入れる印象です。


 雨の日の作業に備えて、苗箱と土を多めに倉庫に用意しています。倉庫の外にも、まだたくさんあります。今年は、泥通しを行わずに購入した土を使うみたいですが、それでも、法人一年目のみずほファーマーズは仕事が多いようで、土日も休みなく仕事が続いています。


 ちなみに、取材に来ていただいていた雪の日は代休を頂いておりまして、一人で札幌に行っておりました。
 すごい充実っぷりです!

2017年4月12日水曜日

浸種について


 雪がほとんどなくなりました。この写真を撮った日は、気温が上がり防寒着も必要なかったのですが、その後、また風が強く寒い日が続きました。北海道の桜が咲くのは、まだまだ先です。


 先週、写真で紹介できなかった浸種の様子です。一週間程度水に浸して浸透させます。


 右のオレンジの水槽から、左の青い催芽機に移します。



 この状態で、一晩待ちます。


 写真ではわかりにくいかもしれませんが、白い芽が、ちょっとだけ出ているくらいで成功!
 芽が出過ぎたり、芽が出ていないということがなく、均一に仕上がるのが理想です。その後、しっかりと乾かします。


2017年4月7日金曜日

浸種


新年度が始まりました。だんだんと作業が本格化してきたため、手分けして作業することが増えてきています。ここ最近の私は、主に潅水ホースの取付け作業等を行っております。


 火曜日には、北育ち元気塾の開校式と第一回研修会に参加させていただきました。
 農業者同士での交流が出来たほか、まさに現在行われている、は種と育苗管理などについても学ぶことが出来ました。
 事前に、浸種の水換え作業などを見る機会も会ったので、とても興味深い内容を学習することができました。
 非常に大事な部分なので、もっと写真なども用意して、しっかり紹介できれば良かったと反省しています(^^;



 ハウスの中では、トラクターが入った後に硫黄粉を撒く作業が行われていました。
 ハウスの両サイド、パイプの下の黒いビニールが潅水ホースです。このホースに水が流れて膨らみ、ハウスの両サイドから水が撒かれる事になります。

2017年3月31日金曜日

ハウス準備


 ようやく雪の心配のない季節になってきたはず!暖かくなってきたので、雪の上を歩くことも少なくなってきました。
 真っ白な雪の上を歩くのは気持ち良いですが、気温が上がってくると、ずぼっと落ちる可能性が高くなってくるので、一度踏み固めたところや、融雪剤をまいて黒くなっている部分を歩いた方が安全である事を学びました。


 しばらくは、除雪後のぬかるんだ土の上で、重い長靴を引き上げながら泥だらけになって作業をしておりましたが、ここ数日で、ずいぶんと歩きやすくなってきました。
 ビニールを掛けるだけと思っていたハウスに、様々な工程がある事を知って驚きました。いったい事前学習で何をしていたんだろうという気分です。(^^;
 100mの管が、軽い力でクルクル回ることに感激!農家の人にとっては何でもないようなことだろうなと思いながら、細かいところでいちいち感動しています。


今週一番大変だったのが、沈下防止の管の取付作業。丸一日地面と向き合っての細かい作業が2,3日続きました。腰への負担大!力仕事でもないのに、なぜか体中が痛くなる。本当に終わって良かった(^^)


 自宅のすいかちゃんは、台木の夕顔と黄色い西瓜が、ちょっとひょろ長いけど三つとも成功!
赤い西瓜はひとつだけ。右上のオクラちゃんは、一つが成功で、二つは根が上になってる?ひっくり返せば何とかなるかも!
 日々の成長を見守るって楽しいですね♪


 尾崎さん宅では、根切りを見せていただきました。自宅のすいかちゃんがここまでくるのは、5月にはなる見込みだそうです。いつものアドバイスに感謝!

2017年3月24日金曜日

シート張りと接木


 今週は、快晴の中、ハウスのシート張りの作業を開始!


 火曜日には、寺内さん夫妻が取材に来てくださいました。
ポータルサイトhttp://portal.hokuryu.info/で紹介されるのが楽しみです♪


 尾崎さん宅では、すでに接木が行われていました。


 夕顔の土台の上に、スイカの葉が乗っかるのかと思っていたら、夕顔の根とスイカの根、夕顔の双葉とスイカの双葉、両方残すのですね。勉強不足でした(^^;


 自宅の方は、だいぶ大きく育ってきましたが、接木するにはまだまだの様子。
 どんどん育ってくると、だんだん可愛くなってきますね♪

2017年3月17日金曜日

芽が出ました!

 今週は、天気の良い日が続きましたが、今日は少し天気が悪かったですね。
 研修先の法人では、ハウス周辺の除雪などの準備を行っており、少しずつ忙しくなってきています。
 写真は、14日の天気の良い時に撮影したものです。


 作業終了後、尾崎さん宅へ訪問。
 種を植えてから2週間位になるでしょうか?芽が出ただけでなく、台木も大きく育っており、もう少しで、接木の作業も行ってしまうという事です。


 自宅でも、ようやく芽が出てきました!



2017年3月10日金曜日

七日目

 報告遅れましたが、昨日の午前中の写真です。


 不揃いではありますが、見事に台木も発芽しました!
 接木の作業は、まだまだ先になるとのことです。

 この日は、研修先の法人での作業はなく、他の農家さんを伺って、メロンの育苗を学んだり、除雪機の操作を教わったりしました。いろいろ教えていただいて本当にありがとうございました。


 育苗で大切なのは、温度管理ですよね?
 自宅での育苗用に、何かした方が良いかなと検討中です。

2017年3月7日火曜日

五日目

 朝から発芽の報告を受け、法人での作業終了後、尾崎さん宅へ


 発芽器のおかげで無事に発芽。良かった、良かった♪
 台木の方は、まだ発芽器の中。通常は、スイカの種植えに対して2、3日遅らせて種植えを行うそうなので、結果オーライになるのかもしれない。


 そして、自宅。変化を感じた気がしたのはどうやら気のせいで、実際にはまったく動きが無かったようです。発芽には温度が大切ということで、部屋の中で一番温度が高いと思われるところに移動させる決心をします。


ストーブの前方上部に設置!
 なにかと鬱陶しく感じそうな位置ですが、今のところ問題なし。

2017年3月5日日曜日

三日目

法人での作業は午前中で終了。
その後、尾崎さん宅に三日前に植えた種の様子を見に行きました。


 法人での育苗は、まだ先なので、先に経験して自信を付けておきたかったのですが、まだ出てませんでした。


 ちょっとおかしいなと言う事で、育苗器にセット!
 これで、明日には芽がでるかな?と思いながら帰宅。


 こちらは、水に浸けていない種を使ったうえに、寒い部屋に放置しているので、比較的時間がかかるはずなのですが、右下にあやしい動きが!

2017年3月2日木曜日

種植え体験

 先週から行っていたハウスのシート上げの作業は、金曜日からの大雪で一時中断となり、今週始めに一段落となりました。すでにハウスを張り終わっているところなどは、大雪で大変だったのではないでしょうか?まだまだ油断できない季節なので、すでに動いている農家は、まだまだ少数派に感じます。

 3月からは所属が産業課に移ることになり、どのような待遇になるのかと思ったら、なんと仕事のない日は基本的に在宅勤務扱いで、農業の勉強など、それから、町内の様子を見て回ったりになります。町外の活動になると手続きが必要になるみたいです。
 忙しくなるまでは、自分で計画を立てて学習などをすすめる必要がありそうです。


 今日は、早く育苗の様子が見たいということで、尾崎さん宅で、すいかの種植えを経験させていただきました。芽が出るのが楽しみです!


 そして、なんとお土産までいただきました!