2017年4月18日火曜日

種まき


 先週の雪には驚かされましたが、一日も長くなり、すっかり暖かくなってきたので、もう防寒着は必要ないのではないでしょうか?それでも桜が咲くのはもう少し先ですね。


 余談ですが、北竜町のふきのとうの数はすごいですね!田んぼの周りはもちろん、私の住んでいる単身住宅の周りにも生えてました。鳥の数もすごいです!
 私は、まだ北海道生活2年目ですが、桜が咲く頃には初夏を感じそうな勢いです。


 先週は、浸種した種を乾かすところまで紹介しましたが、今週は、乾いた種を機械を使ってポッ
ト苗箱に入れるところから紹介します。機械を使って、泥 → 種 → 泥 の順で入れて、パレットの上に並べます。

実は、このあたりのところはポータルサイトの取材で、詳細に紹介されています。

そして、JAのブログでも紹介していただきました。

みずほファーマーズを紹介していただき、ありがとうございましたm(__)m

という訳で、私の方では、素人目線の補足説明的なところを紹介しておこうと思います。


 種は、けっこう多めに入れる印象です。


 雨の日の作業に備えて、苗箱と土を多めに倉庫に用意しています。倉庫の外にも、まだたくさんあります。今年は、泥通しを行わずに購入した土を使うみたいですが、それでも、法人一年目のみずほファーマーズは仕事が多いようで、土日も休みなく仕事が続いています。


 ちなみに、取材に来ていただいていた雪の日は代休を頂いておりまして、一人で札幌に行っておりました。
 すごい充実っぷりです!

2017年4月12日水曜日

浸種について


 雪がほとんどなくなりました。この写真を撮った日は、気温が上がり防寒着も必要なかったのですが、その後、また風が強く寒い日が続きました。北海道の桜が咲くのは、まだまだ先です。


 先週、写真で紹介できなかった浸種の様子です。一週間程度水に浸して浸透させます。


 右のオレンジの水槽から、左の青い催芽機に移します。



 この状態で、一晩待ちます。


 写真ではわかりにくいかもしれませんが、白い芽が、ちょっとだけ出ているくらいで成功!
 芽が出過ぎたり、芽が出ていないということがなく、均一に仕上がるのが理想です。その後、しっかりと乾かします。


2017年4月7日金曜日

浸種


新年度が始まりました。だんだんと作業が本格化してきたため、手分けして作業することが増えてきています。ここ最近の私は、主に潅水ホースの取付け作業等を行っております。


 火曜日には、北育ち元気塾の開校式と第一回研修会に参加させていただきました。
 農業者同士での交流が出来たほか、まさに現在行われている、は種と育苗管理などについても学ぶことが出来ました。
 事前に、浸種の水換え作業などを見る機会も会ったので、とても興味深い内容を学習することができました。
 非常に大事な部分なので、もっと写真なども用意して、しっかり紹介できれば良かったと反省しています(^^;



 ハウスの中では、トラクターが入った後に硫黄粉を撒く作業が行われていました。
 ハウスの両サイド、パイプの下の黒いビニールが潅水ホースです。このホースに水が流れて膨らみ、ハウスの両サイドから水が撒かれる事になります。

2017年3月31日金曜日

ハウス準備


 ようやく雪の心配のない季節になってきたはず!暖かくなってきたので、雪の上を歩くことも少なくなってきました。
 真っ白な雪の上を歩くのは気持ち良いですが、気温が上がってくると、ずぼっと落ちる可能性が高くなってくるので、一度踏み固めたところや、融雪剤をまいて黒くなっている部分を歩いた方が安全である事を学びました。


 しばらくは、除雪後のぬかるんだ土の上で、重い長靴を引き上げながら泥だらけになって作業をしておりましたが、ここ数日で、ずいぶんと歩きやすくなってきました。
 ビニールを掛けるだけと思っていたハウスに、様々な工程がある事を知って驚きました。いったい事前学習で何をしていたんだろうという気分です。(^^;
 100mの管が、軽い力でクルクル回ることに感激!農家の人にとっては何でもないようなことだろうなと思いながら、細かいところでいちいち感動しています。


今週一番大変だったのが、沈下防止の管の取付作業。丸一日地面と向き合っての細かい作業が2,3日続きました。腰への負担大!力仕事でもないのに、なぜか体中が痛くなる。本当に終わって良かった(^^)


 自宅のすいかちゃんは、台木の夕顔と黄色い西瓜が、ちょっとひょろ長いけど三つとも成功!
赤い西瓜はひとつだけ。右上のオクラちゃんは、一つが成功で、二つは根が上になってる?ひっくり返せば何とかなるかも!
 日々の成長を見守るって楽しいですね♪


 尾崎さん宅では、根切りを見せていただきました。自宅のすいかちゃんがここまでくるのは、5月にはなる見込みだそうです。いつものアドバイスに感謝!

2017年3月24日金曜日

シート張りと接木


 今週は、快晴の中、ハウスのシート張りの作業を開始!


 火曜日には、寺内さん夫妻が取材に来てくださいました。
ポータルサイトhttp://portal.hokuryu.info/で紹介されるのが楽しみです♪


 尾崎さん宅では、すでに接木が行われていました。


 夕顔の土台の上に、スイカの葉が乗っかるのかと思っていたら、夕顔の根とスイカの根、夕顔の双葉とスイカの双葉、両方残すのですね。勉強不足でした(^^;


 自宅の方は、だいぶ大きく育ってきましたが、接木するにはまだまだの様子。
 どんどん育ってくると、だんだん可愛くなってきますね♪

2017年3月17日金曜日

芽が出ました!

 今週は、天気の良い日が続きましたが、今日は少し天気が悪かったですね。
 研修先の法人では、ハウス周辺の除雪などの準備を行っており、少しずつ忙しくなってきています。
 写真は、14日の天気の良い時に撮影したものです。


 作業終了後、尾崎さん宅へ訪問。
 種を植えてから2週間位になるでしょうか?芽が出ただけでなく、台木も大きく育っており、もう少しで、接木の作業も行ってしまうという事です。


 自宅でも、ようやく芽が出てきました!



2017年3月10日金曜日

七日目

 報告遅れましたが、昨日の午前中の写真です。


 不揃いではありますが、見事に台木も発芽しました!
 接木の作業は、まだまだ先になるとのことです。

 この日は、研修先の法人での作業はなく、他の農家さんを伺って、メロンの育苗を学んだり、除雪機の操作を教わったりしました。いろいろ教えていただいて本当にありがとうございました。


 育苗で大切なのは、温度管理ですよね?
 自宅での育苗用に、何かした方が良いかなと検討中です。

2017年3月7日火曜日

五日目

 朝から発芽の報告を受け、法人での作業終了後、尾崎さん宅へ


 発芽器のおかげで無事に発芽。良かった、良かった♪
 台木の方は、まだ発芽器の中。通常は、スイカの種植えに対して2、3日遅らせて種植えを行うそうなので、結果オーライになるのかもしれない。


 そして、自宅。変化を感じた気がしたのはどうやら気のせいで、実際にはまったく動きが無かったようです。発芽には温度が大切ということで、部屋の中で一番温度が高いと思われるところに移動させる決心をします。


ストーブの前方上部に設置!
 なにかと鬱陶しく感じそうな位置ですが、今のところ問題なし。

2017年3月5日日曜日

三日目

法人での作業は午前中で終了。
その後、尾崎さん宅に三日前に植えた種の様子を見に行きました。


 法人での育苗は、まだ先なので、先に経験して自信を付けておきたかったのですが、まだ出てませんでした。


 ちょっとおかしいなと言う事で、育苗器にセット!
 これで、明日には芽がでるかな?と思いながら帰宅。


 こちらは、水に浸けていない種を使ったうえに、寒い部屋に放置しているので、比較的時間がかかるはずなのですが、右下にあやしい動きが!

2017年3月2日木曜日

種植え体験

 先週から行っていたハウスのシート上げの作業は、金曜日からの大雪で一時中断となり、今週始めに一段落となりました。すでにハウスを張り終わっているところなどは、大雪で大変だったのではないでしょうか?まだまだ油断できない季節なので、すでに動いている農家は、まだまだ少数派に感じます。

 3月からは所属が産業課に移ることになり、どのような待遇になるのかと思ったら、なんと仕事のない日は基本的に在宅勤務扱いで、農業の勉強など、それから、町内の様子を見て回ったりになります。町外の活動になると手続きが必要になるみたいです。
 忙しくなるまでは、自分で計画を立てて学習などをすすめる必要がありそうです。


 今日は、早く育苗の様子が見たいということで、尾崎さん宅で、すいかの種植えを経験させていただきました。芽が出るのが楽しみです!


 そして、なんとお土産までいただきました!

2017年2月21日火曜日

農業開始!


 9日に、育苗用ハウスの雪除けをしている農家さんを発見して、少しお手伝い。
 ハウスを早めに建てただけで、実際の育苗は、まだ先とのことで、一週間後の16日にはハウスのシート上げを体験させてもらいました。手袋をした状態でひもで縛るのは、なれないとちょっと難しいですね。


 同じく16日、ハウスの雪除けをしている農家さんに話を伺ったところ、すでに育苗を行っていると言うことで、見せていただきました。ハウスの中にある、小さな暖かいハウスの中には、綺麗に揃った苗がズラリ。この時期が一番デリケートで神経を使うのだとか。


 こちらの農家さんでは、事前にシート上げのような作業は行わず、雪除けをした後に一気にハウスを立ててしまうそうです。他にも見学させていただいた農家さんもおり、農家によって、それぞれのやり方があるということを実感しました。


 そして、今週20日から、みずほファーマーズでの研修が始まりました。まずは、シート上げを行いました。これから、一年を通して農業に携わることになります。

2017年2月15日水曜日

きたひとネットフォーラム

きたひとネットフォーラムという女性農業者の集まりに参加してきました。
男性なのに参加できるの?と突っ込まれそうですが、以前に尾崎さんに紹介していただいての参加で、参加者のほとんどは女性!他の男性参加者は、夫婦参加や普及センターの方など数名のみで、名実共に女性就農者の会であったことを最初に説明しておきます!


一日目は北海道大学学術交流会館。
数々の受賞暦を持つ佐賀県の農家 市丸初美氏と
北海道大学大学院農学研究員准教授 小林国之氏の講演。

市丸さんのお話は、夫婦で農業を始めた経緯や苦労話を含めて、花の寄せ植え教室や、直売、加工食品やレストラン等、農業の楽しさが伝わる内容でした。
参加者からは、「グリーンツーリズムって何?」と質問が飛んでいましたが、佐賀県では有名で、観光客誘致のために積極的に取り組まれているそうです。

小林さんのお話は、第三者継承の話題が中心で、経営継承の難しさを感じさせる内容でした。
参加者の側から、「オーストラリアやイギリスの大規模農家の実情も伝えて欲しい。」と意見がありました。
有機農業が進んでいたり、5000ha以上の土地で大規模経営が出来たりと、良い部分だけではなく、大規模経営による農家の孤立化、メンタルヘルスの問題、大規模経営だけど貧困層のイメージが強いこと、事故が多いこと、農家の自殺率が深刻であることも伝えて欲しいと言うことでした。
個人的な感想として、女性の方が大きな問題に対しても、しっかりと向き合う力があるように思いました。


二日目は、赤レンガ庁舎。
農林水産省経営局就農・女性課女性活躍推進室室長 久保加代子氏の講演。

まず、若年層の女性の割合が著しく低いことが紹介されました。
そして、農業委員会や農協役員に占める女性の割合。全国的にも低いのですが、北海道は特に低いことが、データと共に紹介されました。
次に、農水省の目標と取組みが紹介されたのですが、とにかく若い女性が少ないので、目標と現実にギャップを感じてしまいました。
農業誌などでは、女性の活躍のイメージが強かったので、若い女性の少なさには驚きました。


その後に、年代ごとに分かれての意見交換と発表があり、私は、20代30代の一番若いグループの女性の中にいたのですが、やはり、地域で同世代の女性がいない孤独感などの話題になりました。
男性社会の中にいる違和感は異文化とも表現されて、特に遠方から嫁いで来られた方は、そうだろうなと思いました。私も、地域おこし協力隊として道外から来ているので、共感出来る部分が非常に多かったです。

それから、何かするとおじさんに白い目で見られるなど、おじさんの存在も一つのキーワードになっていて、これに関して私は、中高年男性の自殺率の話なども聞いていて、女性に比べてコミュニケーション能力の弱い男性の弱さなど、他人事とは思えず、一人だけ複雑な思いになっておりました。

若い女性の自分達の強みとして、行動力!柔軟な発想!明るさ!などがあがって、すごくたくましさを感じながらも、私からは、無理に男性社会に馴染もうとしなくても、明るく、楽しく、自分達で行動を起こせば、みんなついて来るのではないかと提案しました。


講師の方のお話だけでなく、交流会などを通しても、いろいろな農業の話を聞くことが出来て本当に有意義でした。現代農業は問題が非常に多いので、これからは、もっと女性特有の発想や、若い人が柔軟にのびのびと活動できるような環境も必要ではないかと感じました。

2017年2月6日月曜日

農業の事前学習

 2月になりました。農業の仕事は、早ければ2月の雪はねの作業から始まると伺っているので、興味深く町内を見て回っておりますが、今のところ動きは見当たりません。


 以前に、農業の事前学習について書いたことがありましたが、一般の書店の品揃えはちょっと厳しいと感じたので、ネット書店に登録しました。
<田舎の本屋さん>http://shop.ruralnet.or.jp/


 ネット書店と言えば世間一般ではアマゾンだと思うのですが、アマゾンだと何でも揃ってしまうので、私は、あまりアマゾンに依存したくない派です。
 身の回りに、ウィンドウショッピングだけして買い物はすべてアマゾンで済ませてしまうような人はいませんか?家電から食料品まで、生活に必要なすべてをすばやく格安で配送出来てしまう、アマゾンのスケールメリットを活かした商法は社会問題とも言われてますからね。

 田舎の本屋さんは、1000円の年会費で、送料無料で何回も買い物できるので、なかなか良いのではないかと思います。農業書が充実しているほか、子供向けの本も充実していますし、取り寄せにも対応しています。

 書店で何冊か購入した後、ネットで北海道農業入門シリーズ等を購入しました。


 それから、深川の拓殖短大の図書館は農業書も充実していて、大変参考になりました。もっと良い所があったら教えて欲しいです。

 正直な話、スイカの作り方の本を見ていても、実際に農業をしていないのでピンとこないのですが、いろいろな野菜の作り方と比較すると、相対的に、スイカのことがわかったような気分になるようなそんな感じです。

 農業は、実際にやってみないとわからないよとは言われていますが、事前学習も少しは役に立つんじゃないかなと思っています。